税理士への
不満

顧問税理士の変更にいたる不満

税理士の不満ランキング

あるコンサルティング会社の調査では、税理士を変更した理由の上位3つは次のようになっています。

  1. サービスの内容が不満
    例 : 新しい会計ソフトを導入したのに対応してくれない、税法や補助金に関する情報を提供してくれない
  2. コミュニケーションが十分にできない
    例 : メールを送っても税理士からの返信が遅い、事務所まで足を運ばないと相談できない
  3. 顧問料が不満
    例 : 希望していない訪問に対して請求がある、インターネットで調べた顧問料は最低価格と説明され適用されなかった

山本会計では、これらの税理士に対する不満に明確な対応策を実施しています。

不満に対する対応策

サービスの内容の向上策

山本会計では、会計ソフトだけでなく利用されているシステム全体に対してサポートを行う体勢として、ITシステムの専門スタッフを設けています。新しい会計ソフトの導入はもちろん、うまく連携できていないシステムの活用改善アドバイスも可能です。

税法や補助金に関する情報提供は、希望されるお客様に対して毎月レポートを配信しております。事業の予定などご相談くだされば適切な情報をご提供いたします。

コミュニケーションの改善策

ITリテラシーの高いスタッフが集まっているためメールの返信が遅いということはございません。またチャットワークというビジネス用のチャットを導入することで、定型文をなくしたスムーズなメッセージの交換をできる環境をご準備しています。

お客様の事務所を訪問して、対面でのご相談をお受けできるのが理想ですが、訪問をなくして報酬を安くしたいと仰るお客様が多いため基本報酬とは別料金とさせていただいています。対面でのご相談の代替案といたしまして、ビデオ通話によるご相談も承っておりますのでご活用ください。

顧問料に対する方針

お客様が希望されないサービスのご利用を強制することはございません。必要だと判断した場合には、サービスの実施前にご説明させていただき、双方納得の上でサービスのご提供と報酬の請求をいたします。

ウェブサイト上の顧問報酬に関しては、細かい条件まで記載できないため業務の範囲および報酬額が曖昧になってしまっている部分があるのが現状です。お問い合わせよりお客様の情報をいただければ、より正確なお見積りをさせていただきます。

改善要望はいつでもお申し付けください

山本会計ではお客様の声を大切にし、できる限りの改善を実施いたします。不満や改善要望がございましたら、お問い合わせページ、電話、メールなどでいつでもお申し付けください。