税理士にご不満のある方は山本公認会計士・税理士事務所へ

夜間・休日は事前のご予約で受付中

地下鉄御堂筋線・京阪 北浜駅 徒歩3分

「 月別アーカイブ:2015年12月 」 一覧

税務調査の原則手続き

2015/12/22   -税務, 節税

平成25年1月に施行された国税通則法により、税務の手続きが明確化されました。これについて国税庁のFAQでは次のように記されています。 従来の運用上の取扱いを法令上明確化するものであり、基本的には、税務 …

資金繰り悪化の原因、チェック方法、そして対処方法

2015/12/22   -再生手法

資金繰り悪化の原因にはパターンがあります。そしてそれをチェックする方法もありますので、資金繰りを改善する前には以下の点を確認してみてください。 資金繰り悪化の原因とチェック方法 運転資金の増加 運転資 …

借入を資本に組み入れて債務超過を解消する際に、税務上注意すべき点とは?

2015/12/22   -税務, 節税

債務超過を解消する方法としてDES(Debt Equity Swap、つまり債務の株式化)があります。銀行からの借入や社長からの借入を資本に組み入れることにより債務超過を解消する手法です。 借入を資本 …

連帯保証人が資産売却した際に課税されないための4つのポイント

2015/12/22   -税務, 節税

法人の借入の返済のために連帯保証人である個人が資産を売却した場合、通常であれば譲渡所得が生じ所得税を支払う必要があります。 しかし保証債務の履行に伴って生じた求償権を行使することができないこととなった …

子会社への債権放棄は税務上損失として認められるか?

2015/12/22   -税務, 節税

子会社の赤字補填として貸付をするケースは多く見られます。しかしその貸付を債権放棄する場合には注意が必要です。 回収可能性のある債権を放棄した場合、税務上は原則寄付金として扱われ、一定の額を超える金額は …

事業計画を作成するにあたって、事業の現状を上手く把握するための5つの手順

2015/12/22   -再生手法

事業計画を策定する場合には、資産負債に関する調査(財務デューデリジェンス)だけではなく、事業に関する調査(事業デューデリジェンス)も行う必要があります。現状を整理して、弱い部分を改善し、強い部分を伸ば …

不良債権とならないために事業計画を作成する上で重要なこと

2015/12/22   -資金調達, 銀行対応

リスケジュールを行った場合は、原則として「貸出条件緩和債権(不良債権)」に該当します。 しかしリーマンショック直後の平成20年11月に金融庁から出された「金融検査マニュアル別冊(中小企業融資編)」では …

銀行が融資するかどうかを判断する際に確認する事項とは?

2015/12/22   -資金調達, 銀行対応

銀行が融資するかどうかを判断する際に、会社のどこを見て判断するのでしょうか? 中小企業庁が平成20年10月に作成した資料「中小企業のための知的資産経営実践のための指針」の中に、地域金融機関に対して行っ …

第二会社方式で旧会社に残した不採算事業と借入はどのように処理すべきか?

2015/12/22   -再生手法

第二会社方式とは、旧会社の事業とそれに見合うだけの借入を新会社に移し事業を継続させるという再生の手法です。 この場合旧会社は特別清算や破産といった法的清算手続を取り、清算せず休眠会社化したり、通常清算 …

過去の粉飾決算による棚卸資産の修正損は、税務上損金に認められるのか?

2015/12/22   -税務, 節税

銀行に対する評価をよく見せるため、決算で在庫を実際よりも多く計上し、利益を多く見せるというのは、典型的な粉飾決算の手法です。 しかし在庫を多く計上するというのは、言い換えると利益の先取りなので、一回や …